我流的人生告白

退屈な人生を送らないために、私生活及び思考を記録します。

結婚したいなと思い始めるこの頃 ワタシ29歳の男子

結婚したいなーと最近 思うのである 最近、高校生時代の友人の結婚式に参加した 幸せそうだった 一緒に友人の結婚式に参加していた友人の1人"F氏"が彼女を連れてきていた F氏とその彼女は2ヶ月後に結婚式を見据えているカップルだった そのカップルの雰囲気…

自給自足 使い方・意味 〜使い方・意味〜

自給自足(じきゅうじそく)とは… 【意味】必要であるものを他から求めずに、自分で供給してまかなうこと。 【解説(語源)】「自給」は必要なものを自らまかなうこと。「自足」は自分を満足させること。 【用例・使い方】島では自給自足の生活を営んでいる。

自画自賛 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

自画自賛(じがじさん)とは… 【意味】自分で自分のことをほめること。 【解説(語源)】自分の描いた画に、その画をほめる意味の「賛」を自ら書く意から。 【用例・使い方】サッカーのW杯の決勝で決勝点のゴールを決めたキャプテンは、自分のプレーを自画自賛し…

株 FX で失敗しました マイナス50万円

Hello everyone. How are you? Long time no see. こんにちは 皆様 久しぶりの投稿になります。 かなりの長い期間ブログ更新をサボっておりました。 なぜブログを更新しなかったのか ブログ更新をサボっている間に何をしていたかというと、 株やFXについての…

四角四面 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

四角四面(しかくしめん)とは… 【意味】真四角であること。物事をきちんと考える真面目な人。真面目で堅苦しいこと。真面目で融通がきかないこと。真面目すぎて面白みがないこと。 【解説(語源)】四つの角、四つの面がはっきりしているという意から。 【用例…

思案投首 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

思案投首(しあんなげくび)とは… 【意味】困り果てて、首を傾けている様子。名案が浮かばず、悩んでいるさま。 【解説(語源)】「思案」はあれこれ考えること。「投首」は「思案無げ(思案なさそう)」の「無げ」を「投げ」にかけたもの。 【用例・使い方】大規…

投資と収入のはなし

1日3万円稼げば、 月20日働くとすると、月60万円の収入である 年間の収入は60x12ヶ月=720万円である 会社員10年目の年収が720万円だとする ここから年収1,000万円を目指すと、 年功序列制度の流れで出世し、 給料がじわじわじわじわと伸びてゆき、 年収1,00…

三位一体 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

三位一体(さんみいったい)とは… 【意味】三つのものが力を合わせて一つになること。 【解説(語源)】キリスト教で、父(神)と子(キリスト)と聖霊は、一つの神が三つの姿となって現れたものだという考え方に基づく。 【用例・使い方】この料理屋の評判が良い理…

三拝九拝 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

三拝九拝(さんぱいきゅうはい)とは… 【意味】何度も頭を下げて人にお願い事をすること。また、敬意を表す語として手紙文の末尾に書くこともある。 【解説(語源)】「三拝」「九拝」ともに、繰り返し拝礼すること。人に強く依頼する場合や、心を込めて敬意や謝…

株投資 決算発表前日の仕込みは完全なギャンブルだ

以前に失敗事例としてご紹介した 決算発表前日に好結果の期待できる株を購入する手法 www.jinseikokuhaku.com この手法はマジでやめた方がよいです ハイリスクローリターンかつ、勝率は低いです 決算前日仕込みよりも チャートから上昇期待銘柄を選択するほ…

三千世界 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

三千世界(さんぜんせかい)とは… 【意味】この世のすべて。全宇宙。 【解説(語源)】仏教の世界観で、須弥山(しゅみせん)を中心にした一つの小世界が千集まったものを小千世界、小千世界を千合わせて中千世界、中千世界を千合わせて大千世界という。千が三つか…

三十六計 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

三十六計(さんじゅうろっけい)とは… 【意味】不利な状況に陥った時は、逃げて身の安全をはかるのが最善の方法だということ。 【解説(語源)】「計」は計略のこと。古代中国で使われた三十六の兵法のうち、かなわないときには逃げる作戦が最上の戦略であるとい…

株式投資 勉強中 「権利落ち日」 「スイングトレード」

権利落ち日とは 権利落ち日でも上昇する銘柄はある サラリーマンにオススメのスイングトレード 権利落ち日とは 権利落ち日とは権利確定日の翌営業日のことである 権利確定日とは、その日の大引けの時点で株を保有していれば、 その保有株に応じて、配当や優…

三三五五 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

三三五五(さんさんごご)とは… 【意味】数人ずつが、ばらばらと行き来する様子。人や物などがあちこちに散らばる様子。 【解説(語源)】あちらに三人、こちらに五人いるという意味。 【用例・使い方】懐かしい顔ぶれが三三五五、同窓会の会場にやってきた。

三寒四温 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

三寒四温(さんかんしおん)とは… 【意味】冬の間、寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かく、これが繰り返される気象現象。 【解説(語源)】シベリア高気圧の影響を受ける中国北部や朝鮮半島北部、また日本の冬に多く見られる現象。 【用例・使い…