我流的人生告白

退屈な人生を送らないために、私生活及び思考を記録します。

記憶力アップの方法 脳を鍛えて記憶力を高める方法と記憶のコツを掴み大切なことをしっかり覚える方法 16項目

私が大学を卒業して会社に入って間も無い頃、自分の能力が低すぎて仕事を進めて行く上で大変苦労しました。 どうして自分は周りの人達が普通にこなせることが出来ないのか。頭の整理ができなくて色んなことが頭の中でゴチャゴチャしている。ゴチャゴチャして…

活殺自在 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

活殺自在(かっさつじざい)とは… 【意味】自分の思い通りに相手を扱うさま。 【解説(語源)】「活殺」は生かすことと殺すこと。「自在」は自分の思いのままになること。生かすのも殺すのも、自分の思うままという意から。 【用例・使い方】独裁者は活殺自在の…

花鳥風月 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

花鳥風月(かちょうふうげつ)とは… 【意味】四季折々の美しい自然の風物。また、それを題材に詩文、書画などをたしなむ風流。 【解説(語源)】花・鳥・風・月は、古来より日本人が美を感じてきた代表的な自然の風物。 【用例・使い方】日本では近代化が急速に…

はてなブックマークの新着に載らなくなりました 提案があります 想いよ届け

ブログを初めて約4ヶ月を過ぎたブログ初心者を脱しつつある?私です。 はてなブックマークの新着に載らない 2017年11月頃中頃より、はてなブックマークの新着に載らなくなりました。 載らなくなったことでブログを投稿するワクワク感が9割減しました。 また…

下学上達 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

下学上達(かがくじょうたつ)とは… 【意味】身近なことから学び始めて、次第に進歩向上し、ついには深遠な真理に達すること。また、初歩から始めてだんだん上達し、その道をきわめる段階にまで行きつくこと。 【解説(語源)】「下学」は初歩を学ぶこと、また、…

下意上達 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

下意上達(かいじょうたつ)とは… 【意味】身分や職位が下の者の意見や気持ちが、上の者に届いていること。 【解説(語源)】「下意」は下の者の意思。「上達」は上の者に届くこと。 【用例・使い方】私の会社は下意上達が浸透しているので、若手社員の意見も社…

【ANA】自分のマイルを使って家族のために特典航空券(国内線)を予約する方法

私、仕事の出張による移動のおかげでマイルが少し貯まっています。 私は特に最近はどこかに行きたいとかないので、 近々飛行機に乗る予定の家族の為に、自分の所有するマイルを使って航空券を予約することにしました。 実はマイルを使って航空券を予約するの…

外交辞令 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

外交辞令(がいこうじれい)とは… 【意味】お愛想、お世辞。相手を喜ばせるための、儀礼的で形式的な言葉。 【解説(語源)】「外交」外部(世間)とのつきあい。「辞令」は応対の言葉遣い、挨拶。 【用例・使い方】今年発表の全作品を拝見しました。外交辞令抜き…

開口一番 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

開口一番(かいこういちばん)とは… 【意味】口を開くやいなや。前置きもなくいきなり本題に入ること。 【解説(語源)】「開口」は口を開いて話し始めること。 【用例・使い方】遠くで暮している娘が正月に実家に帰ってきて開口一番に「結婚することに決めた」…

社会からいじめをなくす為にかんがえた。

社会からいじめをなくす為にかんがえました 社会からいじめというものをなくしたい さて、いったいどうすれば良いか それは、 その社会を生きる老若男女全ての人が Win-Winの関係 を意識することができれば実現できると思います。 ここでのWin-Winの関係とは…

温故知新 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

温故知新(おんこちしん)とは… 【意味】古い歴史や伝統、古典などをよく学び、それを現代に活かして新しい考えや工夫を見出すこと。 【解説(語源)】「故」は古いという意。「温」は冷えてしまった物を温めて元に戻すということから、復習するという意。 【用…

円満具足 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

円満具足(えんまんぐそく)とは… 【意味】欠けているものが一つもなく満ち足りていること。また、満足した穏やかな心持ち。 【解説(語源)】「円満」「具足」ともに十分に具わっていることを表す。同義語を重ねて、意味を強調した語。 【用例・使い方】会社を…

遠水近火 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

遠水近火(えんすいきんか)とは… 【意味】遠くにあるものは急場の役には立たないということ。 【解説(語源)】遠方にある水は、近所の火事を消すのには役に立たないという意から。「遠水は近火を救わず」の略。 【用例・使い方】子供が産まれて間もなく夫の単…

うどん屋(丸亀製麺)の爺さんと阿吽の呼吸 しかしそれは永遠ではなかった 歴史は日々動いている

2016年頃から、今現在(2017年月)のところ私は週に4回以上うどん屋に行きます。 仕事を終えて、会社の近くにある丸亀製麺(うどん屋)によく行きます。うどんが晩御飯です。(うどん食べた後、ミニ牛丼食べたりミニカレー食べたりと、うどんだけでは足りないので…

得手勝手 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

得手勝手(えてかって)とは… 【意味】他人の立場や思惑などをいっさい考えずに、自分に都合のよいようにすること。自分本位でわがままなこと。 【解説(語源)】「得手」は本来は自分の得意なものの意。「勝手」は自分の都合のよいようにすること。 【用例・使…

英語の学習がつまらなくなった もう辞めようかな そもそも英語勉強する意味あるのかな~

英語の学習がつまらなくなった。 英語の勉強を習慣にして、コツコツとやっているけど、なかなか上達しない。 勉強を続けたことで、ある程度自分の意思やちょっとした情報を英語で伝えることが出来るようになったが、それでも頭の中から瞬時に英語が出てくる…

益者三友 意味・使い方 〜四字熟語勉強中〜

益者三友(えきしゃさんゆう)とは… 【意味】つき合うことが利益となる三種類の友人のことで、正直な友人・誠実な友人・博識な友人。 【解説(語源)】「益者」は自分に利益をもたらす人物。どのような友人を選ぶべきかを述べた孔子の言葉から。 【用例・使い方…

海千山千 意味・使い方 〜四字熟語勉強中〜

海千山千(うみせんやません)とは… 【意味】経験豊かで、悪賢いこと。表も裏も知り抜いた、したたかでずるがしこい人をさしていう。 【解説(語源)】海に千年、山に千年住み着いた蛇は竜になるという言い伝えからきたことば。世の中を知り尽くして、それだけし…

退職に向けて上司との話し合い 第一回

以前私が退職を決意したという記事を書きました。 www.jinseikokuhaku.com そしてこの前、社内で個人面接があり、退職を考えている私はこのタイミングで、上司に退職を考えていることを相談しました。 その時の様子をまとめました。 事前に記入していた個人…

因果応報 意味・使い方 〜四字熟語勉強中〜

因果応報(いんがおうほう)とは… 【意味】善い行いには善い報いがあり、悪い行いには悪い報いがあるということ。 【解説(語源)】「因」は原因。「果」は結果。もとは仏教語で、過去・前世の行いに応じて果報があるという意。 【用例・使い方】彼に不幸が起こ…

右往左往 意味・使い方 〜四字熟語勉強中〜

右往左往(うおうさおう)とは… 【意味】慌てふためいて、混乱する様子。 【解説(語源)】「往」は行くという意。右へ行ったり左へ行ったりする意味から。 【用例・使い方】新商品に予想を大幅に上回る注文が殺到したため、従業員は右往左往してしまい追加の対…

カフェの店員さんに恋?する話

これは恋なのか。恋ではないのか。 感情がわからない。 ただよく行くカフェにとても綺麗な女性の店員さんがいらっしゃって、気になるのです。 その方は身長が155cmほど、小柄で可愛らしい感じです。顔立ちが整っていて「美しい」という言葉がぴったりです。 …

意味深長 意味・使い方 〜四字熟語勉強中〜

意味深長(いみしんちょう)とは… 【意味】行動や言葉に奧深い含蓄や趣があること。また、ことばの裏に深い意味がかくされていること。 【解説(語源)】「深長」は含みがあって奥深い様子。 【用例・使い方】社長がボーナスの支給日直前に、会社の業績について…

一得一失 意味・使い方 〜四字熟語勉強中〜

一得一失(いっとくいっしつ)とは… 【意味】一つ利益がある一方で不利益もあること。物事に良い面と悪い面があること。 【解説(語源)】利益と損失、あるいは長所と短所が同じくらいの度合いの場合に使う。 【用例・使い方】新しく導入した機械は性能が大変素…

記事がぷちバズりました。理由を考えました。

前回の記事が、意図せず沢山の方々に見ていただいたようで、 PV数も多く、また沢山のブックマークを頂きました。 www.jinseikokuhaku.com 大変ありがとうございました。 応援コメント及び様々な立場や視点からの意見も沢山いただいたものと思います。 大変感…

一刀両断 意味・使い方 〜四字熟語勉強中〜

一刀両断(いっとうりょうだん)とは… 【意味】一太刀で真っ二つに切ること。物事を思い切りよく決断し、速やかに処理すること。また、相手の意見や発言に対して、反論を許さないような勢いで切り捨てること。 【解説(語源)】「一刀」は一太刀(ひとたち)。「両…

一衣帯水 意味・使い方 〜四字熟語勉強中〜

一衣帯水(いちいたいすい)とは… 【意味】狭い海峡や小さな川を隔てて、近接していること。きわめて密接な関係。 【解説(語源)】「衣帯」は服に用いる帯の意で、細長い川や海峡を帯に見立てた表現。 【用例・使い方】日本と韓国は一衣帯水の隣国として友好関…

退職についてどう上司に相談するか また、サラリーマンの消耗について考えた

現在、私は会社を離れることを計画しています。 2018年2月頃に上司に相談し(退職の意思を伝え)、2018年6月までに退社をする計画をしていました。 ところが、2017年11月に個人面接の機会があり、また、今後社内で新しいプロジェクトの話があり、仕事が忙しく…

安心立命 意味・使い方 〜四字熟語勉強中〜

安心立命(あんじんりつめい)とは… 【意味】心安らかな境地にあって身を天命に任せて、心が惑わされないこと。 【解説(語源)】「安心」は仏教語で、深い信仰によって心の安らぎを得ること。「立命」は儒教語で、天が与えてくれた、生まれ持っての本性をまっと…

一致団結 意味・使い方 〜四字熟語勉強中〜

一致団結(いっちだんけつ)とは… 【意味】目的達成のために心を一つにして協力し合うこと。 【解説(語源)】「一致」は心を一つにすること。「団結」は多くの人が協力し合うこと。 【用例・使い方】住民が一致団結して、震災後の復興活動を開始した。 【類語】…