我流的人生告白

退屈な人生を送らないために、私生活及び思考を記録します。

どげんかせんといかん

与沢翼さんから生き方を学ぶ

みなさま、 与沢翼さんをご存知でしょうか。 「ネオヒルズ族」 「秒速で億を稼ぐ男」 と呼ばれ、一世を風靡し、 若くして大金持ちとなり有名になった企業家です。 有名となりテレビ出演していた与沢翼さんに対し、私は(みなさんも?)なんとなく胡散臭い印象…

もしブログ収入で大金を手にしたら ~もしもシリーズ~

こんにちは。毎日ブログ収入で1円もしくは2円を稼ぐ、敏腕ブロガーのわたくしです。 今回の記事は『ドリフ大爆笑』でお馴染みの「もしもシリーズ」みたいな感じ?で、もし私がブログ収入で大金を手にしたらについて語りたいと思います。 もしブログ収入で大…

麻疹(ましん[別名:はしか])の抗体検査を受け、ワクチン接種しました 計画崩れでこみ上げた怒りは筋トレで発散

最近、麻疹の抗体検査を受けました。 私は現在、中学・高校の教員免許を取るため、会社員をしながら通信大学の学生もやってます。 教員免許を取得する為に、今後、教育実習や介護体験の経験が必要となりますが、この実習において学校や施設を訪れた際に訪問…

記憶力アップの方法 脳を鍛えて記憶力を高める方法と記憶のコツを掴み大切なことをしっかり覚える方法 16項目

私が大学を卒業して会社に入って間も無い頃、自分の能力が低すぎて仕事を進めて行く上で大変苦労しました。 どうして自分は周りの人達が普通にこなせることが出来ないのか。頭の整理ができなくて色んなことが頭の中でゴチャゴチャしている。ゴチャゴチャして…

はてなブックマークの新着に載らなくなりました 提案があります 想いよ届け

ブログを初めて約4ヶ月を過ぎたブログ初心者を脱しつつある?私です。 はてなブックマークの新着に載らない 2017年11月頃中頃より、はてなブックマークの新着に載らなくなりました。 載らなくなったことでブログを投稿するワクワク感が9割減しました。 また…

社会からいじめをなくす為にかんがえた。

社会からいじめをなくす為にかんがえました 社会からいじめというものをなくしたい さて、いったいどうすれば良いか それは、 その社会を生きる老若男女全ての人が Win-Winの関係 を意識することができれば実現できると思います。 ここでのWin-Winの関係とは…

英語の学習がつまらなくなった もう辞めようかな そもそも英語勉強する意味あるのかな~

英語の学習がつまらなくなった。 英語の勉強を習慣にして、コツコツとやっているけど、なかなか上達しない。 勉強を続けたことで、ある程度自分の意思やちょっとした情報を英語で伝えることが出来るようになったが、それでも頭の中から瞬時に英語が出てくる…

反抗期という呼び方を変えない? という提案

提案があります。 赤ちゃんが生まれてから、歩くようになりことばをしゃべるようになる満一歳までを乳児期といい、乳児の心は本能的欲求について、その欲求を満たすことで得られる快楽を求める心のみ存在します。 この時期において、基本的に母親や周囲の大…

浴場で突然パーーーン その後の対応が善くないよ

私は現在会社の寮に住んでおります。 寮の1階には大浴場があり、寮生の各部屋にもシャワールームが一応設置されているのですが、湯船に浸かりたい場合は大浴場に行くことになります。 私は通常大浴場を使用しています。 昨日、浴場でいつもの通り体をゴシゴ…

コミュニケーションが苦手な方にお勧めしたい本 決まり文句で表現力を鍛える

コミュニケーションが取れないひとつの理由として、相手の会話に対して適当な返しが出来ない、つまり自分の中から良い言葉が見つからず、黙ってしまう或いは相手の求めていない言葉を返してしまい、その場の空気を悪くしてしまうことがあります。そして、コ…

獲得票の少ない人が議員になれば良い

逆転の発想である。どーせ、ずる賢くて傲慢で要領の良い、人を欺くことが得意な人が票を集めるのだから、真面目一筋でルールに忠実、違反もなく卑怯な手を用いず、馬鹿正直な為に選挙に負けてしまった人の方が人格者であることが少なからずあるかもしれない…

ナンパの倫理が崩れてきている。そこで提案

ナンパブログのナンパ日誌を読んでいると、ナンパ師達はしきりに即日成果を求め、手当たり次第に声掛けに励んでいる。それは「3週間で攻略 TOEIC(R)テスト 900点! (CD-ROM・別冊付) (TOEICテスト 残り日数逆算シリーズ)」や「40歳オーバーでニート状態だった…

何でも否定的なニュースになる日本社会はどげんかせんといかん

日本では情報化社会が進み、ありとあらゆる人がインターネット上で情報を発信する。中には、ニュースにならないよいな日常のシーンさえもニュースとして扱われ記事がでる。書く側の視点を考えると、それが仕事であり、記事をどれだけ書いたか、が問われる。…