我流的人生告白

退屈な人生を送らないために、私生活及び思考を記録します。

公平無私 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

公平無私(こうへいむし)とは… 【意味】私的な感情や利害をはさまず、公平・平等に判断すること。 【解説(語源)】「無私」は私心がないこと。 【用例・使い方】第三者からの公平無私なご意見、誠にありがとうございました。 【類語】厳正中立(げんせいちゅう…

行雲流水 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

行雲流水(こううんりゅうすい)とは… 【意味】物に執着することなく自然の成り行きに任せて行動すること。また、決まった形を持たず、よどみなく移り変わること。 【解説(語源)】空行く雲や流れる水は、一か所に止まらず動き続けることから。 【用例・使い方…

株初心者の株式投資ブログ① 株式投資はじめました

株式投資を始めることにしました。 今回の記事では、私の株式投資をはじめるきっかけと目標、株式投資についての私の解釈、株関連で読んだ本をご紹介します。 株式投資を始めるきっかけ 株式投資の目標設定 株式投資とは 株の価値である株価とは何か 株をギ…

月下氷人 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

月下氷人(げっかひょうじん)とは… 【意味】男女の仲を取り持つ人。結婚の仲人。 【解説(語源)】「月下」は、唐の韋固(いご)が月明かりの下で会った老人の予言通りの女性と結ばれた故事『続幽怪録(ぞくゆうかいろく)』から。「氷人」は東晋の令弧策(れいこさ…

苦節十年 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

苦節十年(くせつじゅうねん)とは… 【意味】長い年月逆境にあっても、成功を心に期して努力を続けること。 【解説(語源)】成功してから、過去を振り返る際に用いられることが多い。「十年」は長い年月の意。 【用例・使い方】有名な格闘家に弟子入りして苦節…

我流的川柳 テーマ『思いのまま何でもあり Part 1』

会社帰りの電車内でいちサラリーマン(私)が綴ったヘンテコ適当な川柳をお楽しみくださいませ。 ・きもちいい なんでこんなに きもちいい 気持ち良い日々を過ごしたいですね。 ・イエスタディ 今日明日明後日 明々後日 1日1日流れるように過ぎていきますね。 …

空理空論 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

空理空論(くうりくうろん)とは… 【意味】事実から遠く離れた理論。実際の役に立たない理論や議論。 【解説(語源)】「空理」「空論」はともに、現実を無視した無益な理論や議論の意。 【用例・使い方】いたずらに空理空論を論じてばかりいないで、現実を直視…

空前絶後 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

空前絶後(くうぜんぜつご)とは… 【意味】過去にも例がなく、今後も起こりそうもないと思われるような、きわめて稀(まれ)なこと。 【解説(語源)】「空前」は過去に例がないこと。「絶後」は今後も起こり得ないこと。 【用例・使い方】プロ野球のチームに所属…

新幹線の切符の予約日付を間違えた

3日後に控えている(仕事の)出張に備えて、 新幹線の特急券のみインターネット(エクスプレス予約)で予約しました。 乗車駅、降車駅、時間及び列車番号を入力し、予約完了。 さて、予約した2時間後にふと 「あれ、そういえば日付入力してなかったよな…」 と思…

金科玉条 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

金科玉条(きんかぎょくじょう)とは… 【意味】絶対的なよりどころとなる教訓や信条。 【解説(語源)】「金」と「玉」は貴重なもの、大切なもの。「科」と「条」は法律や規則などの条文の意。 【用例・使い方】私の父は「働かざる者食うべからず」という格言を…

議論百出 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

議論百出(ぎろんひゃくしゅつ)とは… 【意味】いろいろな意見が出て、活発に議論されること。 【解説(語源)】「百」は数が多い意。「百出」はさまざまなものが現れ出ること。 【用例・使い方】新規事業の具体的な取り組みを決める会議は、議論百出の為、深夜…

人間は暇な時、余計な事?を考えがちである

人間は暇な時、余計な事や奇妙な事を考えがちである。 いきなりではありますが、地元に帰ってやや暇な期間を過ごしてしまった私は、余計な妄想に負けてしまい、出会いを求めてマッチングアプリに再登録することにしたのである。。 なぜ登録したのか、それは…

機略縦横 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

機略縦横(きりゃくじゅうおう)とは… 【意味】状況に応じて、計略を自在にめぐらし用いること。 【解説(語源)】「機略」はその場に応じた巧みなはかりごと。「縦横」は縦と横、転じて自由自在の意。 【用例・使い方】機略縦横な作戦によって、格上の対戦相手…

挙止進退 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

挙止進退(きょししんたい)とは… 【意味】普段の動作。日常の立ち居振る舞いや身の処し方。 【解説(語源)】「挙止」は立ち居振る舞い。「進退」は進むことと退くこと。 【用例・使い方】礼儀作法の厳しい学校で教育を受けた彼の挙止進退はたいへん美しい。 【…

2017年も残りあとわずか 当ブログ内記事自己満足ランキング【2017年】 1位から10位まで

2017年も残りあと数日となりました。 皆様、今年もお疲れ様でした。 2017年を振り返り、私は2017年の7月半ばにブログを始めました。この時から生活の中にブログ執筆が加わり、生活が大きく変化した年になりました。 ブログを書くのは非常に楽しく、もはや自…

共存共栄 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

共存共栄(きょうぞんきょうえい)とは… 【意味】二つ以上のものが、共に共存し、共に繁栄すること。 【解説(語源)】「共存」は二つ以上のものが、敵対することなく存在すること。※「存」はそんとも読む。 【用例・使い方】スーパーなどの大規模店と街の商店街…

急転直下 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

急転直下(きゅうてんちょっか)とは… 【意味】事態や状況が急に変化すること。また、解決に向かうこと。 【解説(語源)】「急転」は情勢が急激に変化すること。「直下」は結末まで一気に進む意。 【用例・使い方】時効寸前だった難事件が犯人の自供によって、…

大学時代の学業成績と大学卒業後の進路

私の大学時代の学業成績です。 (ブログタイトルが人生の告白である為、成績の記録を見つけた以上、書かない訳にはいかなかったのです。) 大学は北九州市にある工業大学に通っておりました。(2011年3月卒業)(秀)は90〜100点/ (優)は80〜89点/ (良)は70〜79点/…

救世済民 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

救世済民(きゅうせいさいみん)とは… 【意味】国や世の中を救い、人民を苦しみから解放すること。 【解説(語源)】「救」「済」ともに救うこと。「救世」は世の人々を救うこと。「済民」は民を救うこと。 【用例・使い方】国に何かを求めるばかりでなく、救世…

九死一生 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

九死一生(きゅうしいっしょう)とは… 【意味】命を落とすような危ない状態をかろうじて脱すること。 【解説(語源)】死ぬ確率が九割の状態から助かる意。 【用例・使い方】ブレーキが利かなくなった車は崖の一歩手前で奇跡的に止まり、運転席の友人は九死一生…

もしブログ収入で大金を手にしたら ~もしもシリーズ~

こんにちは。毎日ブログ収入で1円もしくは2円を稼ぐ、敏腕ブロガーのわたくしです。 今回の記事は『ドリフ大爆笑』でお馴染みの「もしもシリーズ」みたいな感じ?で、もし私がブログ収入で大金を手にしたらについて語りたいと思います。 もしブログ収入で大…

九牛一毛 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

九牛一毛(きゅうぎゅうのいちもう)とは… 【意味】全体の中のきわめてわずかな部分。取るに足りない、ささいなもののたとえ。 【解説(語源)】「九」は数が多いことを表す。「一毛」は一本の毛。多くの牛に生えた毛の中の一本という意から。 【用例・使い方】…

喜色満面 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

喜色満面(きしょくまんめん)とは… 【意味】喜びが顔全体に表れているさま。うれしくてたまらない様子。 【解説(語源)】「喜色」は喜びの表情。「満面」は顔いっぱいの意。 【用例・使い方】憧れの女性からデートに誘われて、弟は喜色満面で家を出た。 【類語…

筋力トレーニング時におすすめしたい雄叫び 30選

前回の記事が不人気だったため?リベンジしたいと思いました。 www.jinseikokuhaku.com みなさん 筋トレやってますか? (注:写真は私ではありません。パルンボ井若さんです。) 私は筋トレやります。ちんちんに毛の生え始めた中学生の時から断続的に続けてい…

起承転結 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

起承転結(きしょうてんけつ)とは… 【意味】「起」で話題を提起、「承」でこれを発展、「転」で視点を転換、「結」でしめくくる文章や話の構成や順序。 【解説(語源)】四句からなる漢詩(絶句)の構成法から生まれた言葉。 【用例・使い方】物語を書く際の基本…

起死回生 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

起死回生(きしかいせい)とは… 【意味】危機的、絶望的な状態を一気に立て直すこと。 【解説(語源)】「起死」「回生」ともに、死にそうな者を生き返らせること。 【用例・使い方】倒産の危機にある会社が希望を込めて開発した新商品が、起死回生のヒット商品…

麻疹(ましん[別名:はしか])の抗体検査を受け、ワクチン接種しました 計画崩れでこみ上げた怒りは筋トレで発散

最近、麻疹の抗体検査を受けました。 私は現在、中学・高校の教員免許を取るため、会社員をしながら通信大学の学生もやってます。 教員免許を取得する為に、今後、教育実習や介護体験の経験が必要となりますが、この実習において学校や施設を訪れた際に訪問…

危急存亡 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

危急存亡(ききゅうそんぼう)とは… 【意味】死ぬか生き残るかの瀬戸際。危機的な状況。 【解説(語源)】集団や組織の重大な局面について用いることが多い。蜀の諸葛亮が主君劉禅に、魏の強大化で蜀が危なくなっていることを訴えた言葉「危急存亡の秋(とき)」(…

完全無欠 使い方・意味 〜四字熟語勉強中〜

完全無欠(かんぜんむけつ)とは… 【意味】どこから見ても完璧なさま。欠点や不足がまったくないこと。 【解説(語源)】「完全」も「無欠」も、欠けたところがないことの意。 【用例・使い方】完全無欠な人間などこの世にいないので、結婚相手を選ぶにも、どこ…

記憶力アップの方法 脳を鍛えて記憶力を高める方法と記憶のコツを掴み大切なことをしっかり覚える方法 16項目

私が大学を卒業して会社に入って間も無い頃、自分の能力が低すぎて仕事を進めて行く上で大変苦労しました。 どうして自分は周りの人達が普通にこなせることが出来ないのか。頭の整理ができなくて色んなことが頭の中でゴチャゴチャしている。ゴチャゴチャして…