我流的人生告白

退屈な人生を送らないために、私生活を記録します。

脱サラに備えて教員免許を取得する

2017年4月に佛教大学の通信教育課程・課程本科に入学。(課程本科とは、日本の4年制大学や短大を卒業した者が教員免許状や資格を取得できるコース)目的は、タイトルの通り。教科は国語。中学校と高等学校の両方の免許状取得を目指す。

教科について、英語と国語で迷いがあったが、国語が抱える問題、つまり日本人の国語力低下が年々著しくなっていると思われることに対し、自身で何かしらの貢献をしたいという思いと単純に自分自身の国語力を伸ばしたいという思いで国語に決めた。加えて、将来的に海外の日本人学校で働いてみたいという動機もあったので、やはり国語が都合が良いと判断した。しかし、英語もやはり捨て難いので国語で教員免許状をまず取得し、その後に英語についても取得を計画している。

教員免許取得費用は67万円要する見込み。 www.jinseikokuhaku.com
期間は最短では2年で取得可能であるが、働きながら勉強をする時間的な制約が大きいため、3年以内で計画する。

お金と時間は掛かるが、教育や国語に対する理解が深まり、この勉強が今後の自分の成長に必ず良い方向の影響を与えるのは確実で、自己投資と考え、遊びでお金と時間を浪費するよりもむしろ歓迎すべきだ。

教育の場は中学校が良いのか、高等学校が良いのか。正直、実際に教師をやってみないとどちらが自分に合うのか分からない。よって取り敢えず両方について免許が取れる環境を選び、後に控える教育実習で両方を経験し、その際の自分の手応えから最終判断をしたいと考える。