我流的人生告白

退屈な人生を送らないために、私生活及び思考を記録します。

食生活に気を配り、お腹がでないように気をつける

サラリーマンは運動できる時間が限られている。仕事で頭を働かせる為には食事(エネルギー)が必要で、沢山食べて運動しなければ普通お腹がでてくる。

しかし、食べる物を工夫すれば、逆にお腹を凹めることが出来る。

食事の何を工夫すれば良いか、それは1日の摂取カロリーを1日の消費カロリー以下に抑えること。

つまり、1日に消費するエネルギーが摂取したエネルギーよりも大きい場合、消費分の全てを摂取分でまかなえないので、摂取分を超えるエネルギーは脂肪の燃焼で補われる。

摂取カロリーを意識し抑えるだけで、脂肪の燃焼が期待できる。

1日の消費カロリーは大雑把に成人男性が2200kcal、成人女性が1800kcalです。1日の合計摂取カロリーはこれ以下にしてみましょう。※過度の摂取カロリーの抑制は危険なのでほどほどに

具体的にやることは、
・食べ物のカロリーを調べる
・現在通常の1日の摂取カロリーを計算する
・カロリーの少ない食べ物を調べる
・食生活にカロリーの少ない食べ物(出来るだけ美味しく自分の好きなもの)を積極的に取り入れる

私の場合は、平日の朝昼の食事を低カロリーの同じ物に固定しました。平日夜と土日のみ解禁と設定して、カロリー気にせず食べるようにし、ストレスが溜まらないようにしてます。解禁の幅が広い為、痩せず太らず現状維持という感じです。