我流的人生告白

退屈な人生を送らないために、私生活及び思考を記録します。

海外のキャバクラには行きます

以前、私がキャバクラには行かないことにしているという記事を書かせていただきました。

www.jinseikokuhaku.com

 

実は、行かないことにしているのは"日本の"キャバクラであり、"海外の"キャバクラには積極的に行きたいのです。

私は海外旅行が割と好きで、最近はご無沙汰ですが、過去にあちこち行きました。

海外旅行は基本一人で行くことが多く、一人だと割と自由で、しかしながら寂しくなる事もあり、時にお姉さんのいる店に吸い込まれます。正直な話を申し上げると、それ(お姉さんの店)メインで海外旅行したこともあ…ります。

えーと、

日本と海外のキャバクラの違いですね。私が行く行かないを判断しているのは、海外のキャバクラは楽しめて、日本のキャバクラは楽しめないから。

私の経験上の話になりますが、なんとなく日本のキャバクラというのはお嬢さん達の方がお客様よりも上位にいて、客である、例えばおじさんがデレデレしながら、彼女達の気を引くように、口説くように、アプローチしていくような感じです。なんとなく、モテない男性がお金を払って相手にしてもらうというイメージ。

一方で、海外のキャバクラというのは、お嬢さん達の方がせっせとおじさんたちの気を引き、目的はきっとお金なんでしょうが、持ち上げてくれます。つまりはモテているような気分になるのです。

もちろん、お店によって色んなところがありますので、一概には言えませんが、なんとなくそんな傾向を感じ、海外のキャバクラだとモテ気分が楽しめるので行きたいって私はなります。(私は今独身です。)

もしかすると、私が言っているキャバクラというものは、キャバクラではないかもしれませんが、バーみたいなところにお姉さんが沢山いて、男性客の2倍程いて、お姉さんたちから目線を送って声をかけてくれるというようなお店があり、そこでのモテる感じというのがもうとんでもなく心地よい感じがあり、私はそういう所に行くのが好きだったりするのです。

 

さて、私の結婚はいつになるのでしょうか。