我流的人生告白

退屈な人生を送らないために、私生活及び思考を記録します。

予防接種を受けてもインフルエンザにかかる?

f:id:blogking1988:20171023210459j:plain

予防接種を受けてもインフルエンザにかかることがあるようです。私が高校3年生の時、受験を控えていて、念のためインフルエンザの予防接種を受けました。それにもかかわらず、その年は見事にインフルエンザにかかりました。。

 

 

普段はインフルエンザの予防接種は受けず、インフルエンザにもかかったことがなかったのですが、初めて予防接種を受けた年(しかも受験の年)に皮肉にも初インフルエンザにかかりました。。

 

 

ナンデヤネン!?神様ひどい…

 

 

予防接種を受けてもインフルエンザにかかる理由について、本日、私の会社から従業員向けに配布されたインフルエンザ予防接種の案内に詳しく書かれてましたので、それをもとに以下に説明します。また、厚生労働省のインフルエンザQ&Aも参考にしました。

 

 

 

インフルエンザにかかる時はインフルエンザウイルスが口や鼻から体の中に入ってくることから始まり、体の中に入ったウイルスは次に細胞に侵入して増殖し、この状態を「感染」といいますが、実はワクチンはこれを完全に抑える働きはないみたいです。また、ワクチンは、そのシーズンにウイルスの型をあらかじめ予測し、製造されているようで、摂取したワクチンと同じウイルスの型であれば予防の効果が大きく期待できますが、それ以外の場合は効果が薄い場合もあるようです。

 

 

何の目的の予防接種?

 

それは、インフルエンザによる発熱やのどの痛みなどの症状が起こる「発症」を抑制する効果が一定程度認められており、インフルエンザが重症化すると、肺炎や脳症などの合併症を起こすことがありますが、予防接種には重症化を防ぐ効果があるため、この重症化の防止も含めて社会一般で推奨されているようです。

 

インフルエンザと普通の風邪は何が違う?

 

普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られず、発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することがないものについて風邪と定義されます。
一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気で、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴のようです。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあるようです。

 

インフルエンザにはどのような種類がある? 

 

インフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスは、A型、B型、C型に大きく分類され、このうち大きな流行の原因となるのはA型とB型のようです。 
近年、国内で流行しているインフルエンザウイルスは、A(H1N1)亜型、A(H3N2)亜型(香港型)とB型の3種類らしいです。
これらの3種類のインフルエンザウイルスは、毎年世界中で流行を繰り返していますが、流行するウイルス型や亜型の割合は、国や地域で、また、その年ごとにも異なるようです。

 

季節性インフルエンザと新型インフルエンザはどう違う? 

 

A型のインフルエンザはその原因となるインフルエンザウイルスの抗原性が小さく変化しながら毎年世界中のヒトの間で流行しており、これが季節性インフルエンザです。
一方、新型インフルエンザは、時としてこの抗原性が大きく異なるインフルエンザウイルスが現れ、多くの国民が免疫を獲得していないことから、全国的に急速にまん延することによって起こり、この新型インフルエンザは、いつどこで発生するのかは、誰にも予測することが困難のようです。

 

日本だけでなく、世界でもインフルエンザは流行する?

 

インフルエンザは、地域によって時期は異なりますが、世界中で流行が見られ、一般的には、温帯地方では冬季(南半球では6~9月)に流行が見られるようです。熱帯・亜熱帯地方では国や地域により様々で、年間を通じて低レベルの発生が見られる地域や、複数回流行する地域もあるようです。流行するウイルスの種類は地域によって差はありますが、大きく違わないようです。

 

過去に大猛威をふるったインフルエンザ

 

インフルエンザの流行は歴史的にも古くから記載されていますが、科学的に存在が証明されているのは1900年頃からで、毎年の流行に加えて数回の世界的大流行が知られています。 中でも、大正7(1918)年から流行した「スペインインフルエンザ(原因ウイルス:A(H1N1)亜型)」による死亡者数は全世界で2,000万人とも4,000万人ともいわれ、日本でも約40万人の犠牲者が出たと推定されているようです。

 

f:id:blogking1988:20171024221652j:plain

 

インフルエンザの予防法

 

インフルエンザを予防する有効な方法としては、以下が挙げられます。 

 

(1)流行前のワクチン接種 
インフルエンザワクチンは、感染後に発症する可能性を低減させる効果と、発症した場合の重症化防止に有効と報告されています。 

 

(2)マスクで飛沫感染防止
インフルエンザの主な感染経路は咳やくしゃみの際に口から発生される小さな水滴(飛沫)による飛沫感染です。したがって、飛沫を浴びないようにすればインフルエンザに感染する機会は大きく減少します。 周囲にインフルエンザに感染している人がいる場合、マスクの着用をお願いしましょう。

 

(3) 外出後の手洗い等 
流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法です。インフルエンザウイルスはアルコールによる消毒でも効果が高いので、アルコール製剤による手指衛生も効果があるようです。 

 

(4) 適度な湿度の保持 
空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことが効果的なようです。 

 

(5) 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取 
体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。 

 

(6) 人混みや繁華街への外出を控える 
インフルエンザが流行してきたら、人混みや繁華街への外出を控えましょう。やむを得ず外出して人混みに入る可能性がある場合にも、人混みに入る時間は極力短くしましょう。 

 

インフルエンザにかかったらどうすればよい? 

 

(1) 具合が悪ければ早めに医療機関を受診しましょう。 

(2) 安静にして、休養をとりましょう。特に、睡眠を十分にとることが大切です。

(3) 水分を十分に補給しましょう。お茶でもスープでも飲みたいもので結構です。

(4) 咳やくしゃみ等の症状のある時は、周りの方へうつさないように、マスクを着用しましょう。 

(5) 人混みや繁華街への外出を控え、無理をして学校や職場等に行かないようにしましょう。 

(6) 小児、未成年者では、インフルエンザの罹患により、急に走り出す、部屋から飛び出そうとする、ウロウロと歩き回る等の異常行動を起こすおそれがあり、自宅において療養を行う場合、少なくとも発症から2日間、小児・未成年者が一人にならないよう配慮が必要です。

 

インフルエンザの流行時期は?

 

例年、インフルエンザは12月下旬から流行しはじめ、1月下旬をピークに3月上旬まで猛威をふるうみたいです。 

 

 

予防接種を受ける時期はいつがベスト?

 

ワクチンの効果が発揮されるのは、接種2週間後から約5ヶ月間のようです。 流行前に備えておくためには、遅くとも12月中旬までに予防接種を受けておくことが良いそうです。

 

ワクチンの有効期間は?

 

 ワクチンの効果が期待できるのは、約5ヶ月間だそうです。また、基本ワクチンは毎シーズン異なるウイルスの型を対象に製造されています。そのため、予防接種は毎年受けることが望ましいようです。

 

ワクチンからインフルエンザにかかることはない? 

 

ワクチンは、ウイルスの働きをなくした不活化ワクチンであり、不活化ワクチンは、インフルエンザウイルスの活性を失わせ、免疫をつくるのに必要な成分を取り出して病原性を無くして作ったものだそうです。したがって、予防接種でインフルエンザを発症することはないようです。ただし、接種した場所が赤く腫れたり、発熱するなどの副反応が起こる可能性があるみたいです。

 

インフルエンザワクチン接種の副反応には、どのようなものがある? 

 

免疫をつけるためにワクチンを接種したとき、免疫がつく以外の反応がみられることがあり、これを副反応といいます。
季節性インフルエンザで比較的多くみられる副反応には、接種した場所(局所)の赤み(発赤)、はれ(腫脹)、痛み(疼痛)等が挙げられ、接種を受けられた方の10~20%に起こるみたいですが、通常2~3日でなくなるようです。 
全身性の反応としては、発熱、頭痛、寒気(悪寒)、だるさ(倦怠感)などが見られ、接種を受けられた方の5~10%に起こり、こちらも通常2~3日でなくなるようです。 

 

 

抗インフルエンザウイルス薬の適用について

 

抗インフルエンザウイルス薬の服用を適切な時期(発症から48時間以内)に開始すると、発熱期間は通常1~2日間短縮され、鼻やのどからのウイルス排出量も減少するようです。なお、症状が出てから2日(48時間)以降に服用を開始した場合、十分な効果は期待できないようです。効果的な使用のためには用法、用量、期間(服用する日数)を守ることが重要です。

 

 

最後に、

個人的な話をすると、私はインフルエンザの予防接種はしない派です。冒頭の話の通り、私の場合は予防接種で感染を防げない場合もあるという事実を知らないこともあって、予防接種受けたから大丈夫だとその効果を信じていたのに初回で見事に裏切られた!という経験があり、残念な気持ちが強かったので、今現在でも頼りにしていません。。

 

そもそも性格的にも、保険をかけるようなことはあまり好みません。何か起きたらその時に善処すればいいやと思ってます。

 

加えて、疑い深い性格の私はインフルエンザ予防接種というものに、ビジネスの匂いを感じてます。。。(・Д・)アヤシクナイ?

 

 

皆様は予防接種受ける、受けないどちら派でしょうか?

やはり予防接種を受ける方が大多数なのでしょうかね?

 

 

インフルエンザの予防に限らず、日頃から生活習慣と食生活、適度な運動に気を配り、病気にかからないよう、いつまでも健康でいられるよう頑張りたいところです!

 

アイリスオーヤマ マスク プリーツ 大きめ 60枚入り NRN-60PL
 
ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  100枚入

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク 100枚入