我流的人生告白

退屈な人生を送らないために、私生活及び思考を記録します。

一望千里 意味・使い方 〜四字熟語勉強中〜

一望千里(いちぼうせんり)とは…

【意味】
はるかかなたまで見渡せるほど見晴らしがよいこと。また、見渡す限り広々として、気持ちのよい景色。

【解説(語源)】
「一望」はひと目で見渡すこと、見渡す限りの意。一里は約四キロ。千里は約四千キロ。

【用例・使い方】
初めて訪れたモンゴルでは、一望千里の大草原が眼下に広がっていて感動した。

【類語】
一望千頃(いちぼうせんけい)
一碧万頃(いっぺきばんけい)
沃野千里(よくやせんり)