我流的人生告白

退屈な人生を送らないために、私生活及び思考を記録します。

株 FX で失敗しました マイナス50万円

Hello everyone. How are you?

Long time no see.

f:id:blogking1988:20180616102226j:plain

こんにちは 皆様

 

久しぶりの投稿になります。

かなりの長い期間ブログ更新をサボっておりました。

 

なぜブログを更新しなかったのか

 

ブログ更新をサボっている間に何をしていたかというと、 株やFXについての勉強および実際に取引を行っておりました。

 

ブログを書くことよりも興味が完全にそちらの方に移ってしまっておりました。

 

たくさん関連書籍を読みあさり、FXについては凄腕とレーダーと思われる人物のYouTube動画を観て、勉強しておりました。

 

勉強した後、実際の取引もやっておりました。

 

株やFX トレードをしてみた結果

 

さて、タイトルにありますように、現在の私の成績は酷い結果となっております。

 

まだ株やFXのトレードを初めて1年にも満たない初心者ですので、損をしてしまうのは当たり前の結果です。

しかしながら、初心者にも関わらず取引額を比較的大きくしてしまった為、損失額についてはダメージが大きいです。

 

私の貯金の50万円が吹っ飛びました。

株で40万円の損失。FXで10万円の損失。計50万円の損失。

f:id:blogking1988:20180616102956j:plain

 

このお金はもう返ってこないのかな。。

(庶民の私にとって)比較的大きいお金を失ってしまいました。

 

もちろん自分の中で想定をしている範囲内の損失ではありますが、 株やFXについて、どこか楽観的に考えていて、自分は絶対に損はしないだろうとの甘い考えもあったのは事実ですが、現実は厳しく、いとも簡単に資産を減らしてしまいました。

 

FXの取引について

 

FXに関しては仕事を終え、帰宅後に約4時間ほど取引をしてました。取引の間ずっと値動きを追い、利益がでる側に値が動いている時は喜び、マイナス側に動いてる時は焦り、 自分の値動きの予想が間違っていないか常に気を配り、取引中は結構疲れます。

 

私がFXに取り組んで得たものは今のところ単なる専門知識だけです。 失ったものは時間とお金と日々のエネルギーです。1日の少ない自分の時間の中で4時間も大切な時間を使い、結果、お金を失い、かつ疲労も蓄積されていく。。。

 

このような状態が続くと、自分にとってFXの取引はネガティブでしかない

 

したがって、早くもFXからは撤退することを決意しました。(涙)

 

FXでは、チャートの形からテクニカル分析を行い、値動きを予想するのですが、自分の期待する方向に動きません。単純に分析が甘いだけなのかもしれませんが、1本の予想だにしないローソク足の形成でテクニカル分析の視点も変わってくる為、方向感が全くつかめません。

 

個人的には世の中にあるテクニカル分析なるものは、ただチャート形状のパターンを整理したものに過ぎず、未来を予測するのには不十分なものであり、文献等がその発生確率を言及できてないあたりが、 天気予報のように先を読むことがかなり難しいことを物語っているのだと思います。

 

真面目にやるのであれば、時間をかけて様々な手法を試し、統計で得られた勝率や期待値から手法を固めていくべきだと分かってはおりますが、 私にはもうヤル気はありません。難しすぎます。難解です。無理です。

 

今後トレードが上手になるかもしれないという感触が全くないのです。全くの可能性を感じない。勝ち続けるというのは、ほんの一握りのスポーツ選手しかプロとして活躍できないようなもので、 非常に厳しい世界だと思います。私には無理です。

 

FXから撤退します。

 

資金力のない庶民は投資でハイリターンを得るのが難しい

 

これまでの私の投資経験上、感覚的にいえることとして、 莫大な資金力で大きな時間の中で余裕をもって取引を行い、生活費を稼ぐことはそんなに難しくないことかと思います。

 

仮に1億の資産を持っていた場合に、トレードを行い、100万円マイナス側に値が動いても、大したことはありません。値がプラス側に動くまで焦らずじっくりと待てば良いのです。そしてプラス側に100万円動いた時に決済する。100万円あれば、贅沢をしなければ3ヶ月〜半年間生活ができます。

f:id:blogking1988:20180616103826j:plain

 

しかし、 資金力のない庶民が、やや無理して大きなリターンを得るのは決して簡単では有りませんし、危険です。

 

自分のポジションが大きくマイナスに動いた時に、マイナスのポジションを長期的に耐えることは非常に難しい。恐怖心に負けて、次の上昇まで堪えきれず、マイナスのまま取引を終えてしまう機会がどうしても多くなります。

 

トレードの失敗を次の人生に活かす

 

トレードでお金を失った失敗から私が学んだことは以下のことだと思います。

 

 

成果が確実と思われるものに自分の大切な時間とエネルギーをつかいたい

 

大切にしていくものや思い出にお金をつかいたい

 

トレードという不確実なものに人生を費やすのはもったいないと感じました。

私は利益を出すことはできませんでしたが、仮にどれだけトレードで利益を積み重ねていても、いつか予期せぬ事態で大きく損をしてしまったり、これまでずっと勝てていた手法が通用しなくなる可能性はあるのです。

 

不確実なものに対して力を注ぐよりも、自分の努力が実を結ぶ確実性の高いものに集中して取り組んでいきたい

 

例えば、私の場合、努力が実を結んだ成功例は英語の学習です。

 

英語は社会人になってからも継続して勉強しており、その結果私の英語力はどんどん上達し、読み書き、そしてコミュニケーションのスキルにおいても確実に進歩しております。努力→スキル向上→楽しい→もっと努力→スキル向上→楽しいの好循環のサイクルが築けております。

 

このような好循環のサイクルを英語以外にも様々な分野にて作っていくことができればとても楽しい人生を送れるような気がしますし、年齢を重ねるに伴って非常に魅力的で深みのある人間になれると思うのです。

 

私はもうすぐ30歳になります。

振り返ると、20代はたくさんいろんなことにチャレンジし、たくさん失敗を経験しました。

f:id:blogking1988:20180616105342j:plain

 

株やFXの投資が私の20代最後の失敗となりそうです。

 

30代では、20代の失敗を反省し、自分の人生が楽しく素晴らしいものになるように、 自分の大切なことに集中して取り組んで生きたいと思います。