我流的人生告白

退屈な人生を送らないために、私生活及び思考を記録します。

株式投資 勉強中 「権利落ち日」 「スイングトレード」

f:id:blogking1988:20180331115457j:plain

 

 

権利落ち日とは

 

権利落ち日とは権利確定日の翌営業日のことである

 

権利確定日とは、その日の大引けの時点で株を保有していれば、
その保有株に応じて、配当や優待券の権利が与えられる日

 

権利落ち日には、配当や優待券を得て満足した人の売り注文が入るので、
たいてい株価は下落する

 

でも でも でも でも

 

権利落ち日でも上昇する銘柄はある

 

権利落ち日でも株価の上昇する銘柄はある

 

なぜだろう

調べてみると、株価チャート形状から、
底からの上昇を示している銘柄上昇トレンド最中の銘柄にこの上昇の傾向が確認された


通常は下落の発生する権利落ち日での上昇なので、それは特別であり、
かなり強い上昇のシグナルと受け止めて良い
(日経平均株価指標の銘柄のほぼ全ては下げていた)

 


2018年3月28日を取り上げると、
取引開始前のダウ平均は下がっていて、弱気な(売られやすい)相場となっていた


にもかかわらず上昇をみせる銘柄が存在した

 

 

株が上昇を続けるにはエネルギーが必要です

 


銘柄に人気が出て、注目を集め、出来高が上昇すれば期待が大きくなる

 

 

思ったことは、
上昇の勢いのある銘柄はマイナス要素も弾き飛ばすほどエネルギ-をもっているので、
弱気相場であっても期待したいところ

 

 

とは言っても、
弱気相場のときは慎重に動かないと損する確率が大きいことは間違いないのである

 

 

このあたりの見極めはかなり難しい
結局のところは自分の期待に賭けたギャンブルになる

 

 

そうなると、継続的に経験値を積み上げ、分析力を高め、勝率をあげていきたいと思うのである

 


株の購入にはタイミングが重要

 

長期で株式投資を考えていても、
購入後にすぐさまマイナスになり、それが続いたら不安になる

 

株の取引は楽しい 一度始めるとハマります


ギャンブル=株は楽しい 期待ばかりが先行し、ワクワクする

 

私は現在、
ギャンブルを辞めたい自制心とギャンブルをやりたい衝動が激しく衝突し、
それぞれの勢いが同じくらいなので、
株取引=ギャンブルを自制したり、再開したり、自制したり、再開したりと落ち着かない

 

 

特に、
株式投資手法について、新しいアイデアを思いついたら、それを試さずにはいられない
資金を投入せずにそのアイデアを検証する方法もあるが、私はそうはしたくない

 


リスクを抱えて敢えて取引に挑むことにより、考える力が覚醒する (と期待している)

f:id:blogking1988:20180331150720j:plain


覚醒により、新たなアイデアをひらめくかもしれない

 


仮に失敗しても、失敗をトコトン研究するエネルギーになりうる


また、失敗して痛い目をみることで、二度と同じ失敗は繰り返さないよう、
失敗を学び、研究し、失敗の道がひとつひとつ閉ざされていくように思える

 

サラリーマンにオススメのスイングトレード

 

さて、

私はサラリーマン

 

サラリーマンに向いているのは


まさに、
スイングトレード』 ←株を数日間のみ保有し、手放す

 

私の考える購入タイミングは以下のケースである

 

・上昇トレンド中期における(これから再度上昇する前の)もみ合いの最中
・ダブルボトム或いはヘッドアンドショルダーズボトムの形成後に上昇し、ネックラインを超えた時
・上昇トレンド中に押し目を作った後、20日移動平均線を反発した時
・前日のろうそく足が下ヒゲを大きく伸ばした時

 

 

ヒトは株価の将来を過去の値動きから予想する

 

なんとなく上がりそうだ
なんとなく下がりそうだ

 

ここが天井か!? ここが底か!?

 

 

株価チャートを見た印象というのは人によって千差万別

 


つまり、サポートライン、レジスタンスライン、トレンドライン、ネックラインの線の描き方は人それぞれ

 

 

したがって、より大多数が同じラインを引くことが期待できるカタチがものすごくキレイなチャートを探し、選ぶセンスがあれば、

そこに注文を入れ、他の投資家と足並みをそろえて同じ方向を向いて互いにメリットを享受できると期待できる

 

 

誰が見ても今後上昇するという判断ができるような株価チャートになっている銘柄をみつけることが大切なのです

 

そして、いかに短時間でチャートがキレイな銘柄をみつけられるか


分析は短時間でさっと終わらせなければならない

 

株価全面安の局面では、特に上昇銘柄が探しやすい
それは上昇のエネルギーの強い銘柄だけが上昇しているから

 

検索を短時間で終わらせる為、見るべきポイントを絞り、ルーティン化させたい

 

 

私の場合(現時点)は

 

・値上がり率ランキングで探す
・市場は東証1部に限定する
・ダブルボトムで検索(株マップ.com のチャート形状検索)
ゴールデンクロス完成で検索(株探 の市場ニュース[特集])
・安定上昇中の銘柄で検索(株マップ.com のチャート形状検索)
・ろうそく足下ヒゲで検索(株価アルゴリズム のろうそく足一覧)

 

f:id:blogking1988:20180331150906j:plain

 

テキトーな知識を並べて、いろいろと述べましたが、
今後、私の実際のスイングトレード結果がどうなるか、ブログで報告していきたいと思います