我流的人生告白

退屈な人生を送らないために、私生活及び思考を記録します。

マッチングアプリのPairsとOmiaiを試した感想 (評判・さくら) どちらがオススメか

※この話はマジで長くなります。

 

  

今は退会してますが、1年ほど前に出逢いを求めて、マッチングアプリのPairsとOmiaiを試しました。

 

どちらもFacebookのアプリです。Facebookの会員であれば参加ができるアプリです。有料です。

 

私はPaisとOmiaiにいくら払ったか

 

私の場合、Pairsは1年会員で29,800円支払い、Omiaiは1ヶ月会員で4,800円支払っておりました。結構消費しました。何やってんだ。。。

 

マッチングアプリの出逢いまでの流れを説明する

 

基本的な出逢いまでの流れを説明すると、登録後にまず、自己プロフィールを作成します。

 

任意で、自分の写真を載せたり、出身地や年齢、身長、職業や年収、趣味、結婚はいつまでにしたいか等、項目を埋めます。

 

そして、月に数回『いいね』を押す権利が与えられ、男性の場合は女性のプロフィールを見て良いと思ったらその女性に『いいね』を押し、女性から『いいね』のお返事を頂ければ、"マッチングした"という状態になり、アプリ内で1対1でメッセージのやり取りが出来るようになります。女性から『いいね』が届いた場合は、男性から『いいね』を返すと、勿論マッチング状態になります。

 

ちなみに、このいいねがどれだけ押されているのか、その数が見えるので、人気のある人は1000いいね超えとかあったりして、もう物凄い数の人がその人にアプローチしているというような光景を目にします。一方で、勿論いいねの数が伸びない方もおります。人気の差がいいねの数で分かるなかなか恐ろしい世界です。

 

男性であれば、高身長、お医者さん、イケメンが人気なのではないでしょうか。おそらく

 

そして、マッチング後は1対1のメッセージのやり取りの中で次第に打ち解けることができれば、どちらかが今度一度お会いしませんかみたいな話になり、晴れて1回目のデート?が実現するというような感じです。一度会ってしまえば後はお互いがどう感じるかで、その後続いたり続かなかったり色々です。

 

個人の感想として、どちらも出逢いのひとつのきっかけになる良いアプリだと思います。

 

年齢はアラサーの女性が多いような気がします。Pairsの方が若い人が多いです。男性のほうはよくわかりません。。

 

私がマッチングアプリでどれだけの実績を挙げたか

 

かなりうろ覚えですが、私は50くらいはマッチングでき、お会いした女性は5人です!Pairsで4人、Omiaiで1人です。しかしながら、お付き合いに至るケースはありませんでした…

 

ParisとOmiaiどちらがお勧めか

 

どちらをオススメするかという話で、私は断然Omiaiをお勧めします。Omiaiの方が値段が高いです。その分、女性からのアプローチが積極的にあり、Pairsの方は女性からのアプローチは殆どなかったので、Omiaiの方が活発に動いている人が多い印象です。値段高いので元を取ろうと、前向きな動きが多いと思われます。

 

因みに私はOmiaiに登録していた1ヶ月間でややうろ覚えですが、130くらいのいいねを頂き、いいねの数で自分が全体のどのくらいにいるかランキングが分かるのですが、どちらかというと人気会員でした。プロフィール写真が友人の結婚式に参加した時の正装した写真だったのが好印象で良かったのだと思います。自慢はさておき…

 

Pairsはサクラがいました。メッセージのやり取りでLINE交換後に謎のURLへアクセスするよう誘導されることが1回ありました。また、プロフィールからあきらかにサクラとわかるような人(アイドルの写真でプロフィール登録)もいました。

 

アプリ内メッセージ上でのLINEのID交換はPairsがOKでOmiaiの方では禁止されていたと思います。Omiaiはメッセージ上で直接会う約束をし、LINE交換は会ってから行うべきという考え方なのだと思います。硬めの運営方針ですね。

 

アプリの質でもOmiaiの方が良く、動作も滑らかで使い勝手が良いです。

 

よって私がオススメするなら、Omiaiの方になります。

 

人によってはPairsとOmiaiの両方に登録している人もいます。というか、結構な数います。私もその内の1人でした。このプロフィールあっちのアプリで見たことあるぞっという人が結構いました。

 

両方やるのはなんとなく、必死というか、遊び目的ではないかとか、なんとなくの寂しさ、または怪しさがあります。

 

悪魔のささやき

 

私の場合は、悪魔が囁いたので両方に登録してしまいました。

 

このアプリ使用した人なら共感して頂ける方もいらっしゃると思いますが、ホントに悪魔が囁きます。私の場合は、複数の彼女が作れるのではないかと悪魔が囁きました。しかし、甘い現実がそこにはなく、実現には至らりませんでした。きっとこれで良かったのだ…

 

前述の通り、『いいね』を複数回押せる機会が与えられるので、良いと思った人複数人に『いいね』を送るので、仮に複数の人から『いいね』のお返しが来た場合は、複数の人と同時進行でメッセージのやり取りをする事になります。

 

『いいね』の返事はすぐに来ないことも多く、『いいね』を毎月与えられた数だけ使わないと勿体無い気持ちになるので、やはり複数人に同時進行でアプローチすりという場面が必ずでてくると思います。

 

そうした中で、悪魔が囁いてくるわけです。男女関係なく、悪魔は現れると思います。煩悩を克服されてる方以外の人の元に悪魔がやって来ます。

 

私の場合は悪魔が囁けど、神様はチャンスを与えませんでした。神様はやはり偉大で、立派です。すみませんでした。神様云々ではなく力量不足だろオイ?

 

実は、悪魔が囁いたのでPairsと1年という謎の長期契約を結んだわけです。普通なら長くても3ヶ月くらいでいい人に出逢って退会するくらいの感覚で始めるかと思います。

 

ただ、私の実際のところは最初の3ヶ月くらいしか活動せず、残りの期間は放置状態でした。

 

マッチングアプリの経験談 私の場合

 

ここで、私のマッチングアプリでの出逢いを簡単にご紹介します。

 

ちなみに私はマッチング後の食事のお誘いが上手で、その気になれば結構高確率でOKを頂けました。会った女性のひとりに言われたのが、「誘い方が、かなり慎重に石橋を叩いて渡るよね」です。男性の皆さん、この態度がマッチング後の鍵です。紳士的な姿勢が大切なのです。顔見知りでもない人に丁寧な応対ができない人は敬遠されがちです。ご留意。また自慢が入りましたね…

 

さて、

 

(書くのめんどくさくなってきました。)

 

 

私のお会いした、5人の女性です。実はこれ以外にアポを取ってお店も決めたけど、仕事の都合でお会い出来ず、そのまま疎遠になったケースもありました。

 

こういう出逢いの場所では、疎遠になるのは簡単です。代わりの人が沢山いるのですから…?そもそも知り合いでもないし…?今後関わることもないし…?

 

 1人目の女性との出逢い

 

最初にお会いしたのが、背の低い可愛らしい女性でした。オーストラリア留学経験あり、京都大学院卒の女性で、外資系の会社に勤めていらっしゃる凄い経歴をお持ちの方。勝負する必要はありませんが、完全に私よりも誇らしい人生を歩まれておりました。

 

会話のスピード、テンポが早く私は終始押され気味でした。

 

お店は最初にイタリアンのレストランに行き、その後もう少し飲みましょうということで、雰囲気の良いイギリスパブ?っぽいお店にしました。お店のチョイスは全て私で、それについては喜んで頂けました。

 

聞くところによると、彼女はその時彼氏なしで、前に付き合っていた男性は東大卒とのことでした。そして、「私よりも頭の良い人がタイプ」とのことで、つまり私は足元にも及ばない事実が発覚いたしました。東大卒の元カレの方は東京で職をみつけ、そこにずっと住み続けることを決めていて、東京に住むのを好まなかった彼女は別れることを選んだみたいでした。

 

頭の回転の早い人を好むとのことでしたが、私はそんなに見下された感じもありませんでしたので、そこそこ私の印象は良かったのかなと思いました。

 

彼女はかなりの量お酒を飲む人で、私もそれに付き合い、まぁまぁお酒を飲み、いい感じの気分になりました。一次会も二次会も私がお会計をし、計1万5千円ほど気前良く奢らせて頂きました。(生活苦しいよ…)

 

その日は、それでお終いです。次も行こうねと約束しました。

 

ひとつ彼女のことで、気になったのは私と食事した後に彼女はアプリを退会したのですが、私は私の事を気に入って頂けたのかとやや舞い上がりましたけれども、しかしながら、数日後にまた再開しており、私はそれを見つけました。何故、一度退会して、すぐ再登録をする必要があったのか。真相は判りませんが、私は私がこの前ご馳走したことについて、味を占めてしまったのではないかと思いました。つまり、このアプリを上手く使えばタダでご飯が食べれるぞ…と考えたのではないか。。。

 

勝手な憶測はさておき、彼女と次のアポを取るも、急遽私が仕事の都合で長めの出張が入り、約束が延期となり、そしてそのまま私の仕事が忙しくなり、毎日1通以上やり取りしていたLINEを、先程の不審な件もあって、もういいや放棄しようと決意し、そのまま疎遠になりました。

 

 2人目の女性との出逢い

 

次にお会いしたのが、保育士のお姉さま。私より2歳ほど年上でした。背が低くて、ちょっとお化粧濃ゆめのややギャルっぽい方でした。一緒に美術館に絵画を観に行きました。

 

何故美術館なのか。たまたま私の会社が無料チケットを従業員に配布しており、しかもペアで。折角なのと、お誘いする口実になるため。

 

絵画は素晴らしいかったです。しかし、お互いに絵画の知識はありませんでした。なんとなく、絵画を眺めて、館内を巡回します。

 

巡回するも、わたしはなんとなく飽きてきます。飽きてくると、絵画ウォッチングがいつの間にか、女性ウォッチングに変わっていました。バレないようにこっそりと。美術館に綺麗な女性が観に来ていて、目が奪われてしまいました。最低です。こんな失礼な男がこの記事を書いています。

 

その後、夕食を御一緒する為、ハンバーグのカジュアルなお店に行きました。席について彼女が上着を脱ぐ際、思わず(目をやや大きくして)胸元を見つめてしまいました。無意識です。そして、なんとなく会話し、お店を出ました。会計は私が払いました。彼女が自分の分を払うというも、私は受けませんでした。

 

その後、解散し、食事の御礼のLINEを送りましたが、うろ覚えですが、もうその時には私はブロックされていました。なんと。

 

原因を考えると、私が会話の中で自分の話を、どういう職業で、どんな人間で、何を考えるのか、あまり開示していなかったように思え、それが良くなかったのかなと思いました。

 

はたまた、時折私がみせる失礼で助平な態度に気付き、それが癇に障ったのかもしれません。こんな終わり方でした。

 

 3人目の女性との出逢い

 

3人目の女性は6歳ほど年上のOLさんでした。大企業のOLさんです。「誘い方が、かなり慎重に石橋を叩いて渡るよね」と褒めて頂いた方です。

 

二回食事をしました。前の彼氏は年下で私と同じくらいの年齢だったようです。

 

韓国ドラマの話になり、彼女は「韓国ドラマは主婦になった時にまとめてゆっくりみたいから今は観ないの」と仰っておりました。なんとなく、感じたのは、大企業の男性と結婚して緩やかに穏やかに暮らしたいなという思ってるな~と私は感じました。ごく、普通の考えだと思います。

 

私は大企業で妻を支えるような男性にはなり得ず、そのへんになんとなくズレを感じ、二回目の食事以降疎遠になりました。

 

 4人目の女性との出逢い

 

4人目の方です。バイオリンを弾いている人でした。結婚式場で弾いたり、バイオリンの先生として生徒に教えているとのことでした。

 

ランチして、公園を一緒に散歩しました。たわいない会話を楽しみました。

 

彼女はお肌のトラブルを抱えているようでした。

 

この女性とはOmiaiで出逢ったのですが、会った時すでにOmiaiの会員期限が迫っており、私は更新するつもりがなく、相手も同じ考えでしたので、Omiaiの退会と同時に疎遠となりました。

 

 5人目の女性との出逢い

 

最後が他県(阿波踊りで有名)にお住いの方でした。向こうから『いいね』がきて、マッチングしました。明るい感じの方で、年齢は同じだったと思います。

 

私は高速バスを使って彼女に会いに行きました。そして会っていきなり、あちら様の車でプチドライブに行きました。

 

初めて会った人をイキナリ自分の車に乗せてドライブに行く女性がいます?私は少し驚きました。危険であると思います。私はその疑問をそのまま尋ねると、メッセージのやり取りの中で変なおじさん人ではないとわかったから大丈夫と思ってるとのことでした。この日はドライブ後に晩御飯ご一緒して、さようならしました。

 

二回目会った際は、土日の連続で遊ぼうという約束で、また私がバスで向かい、土曜の夕方に合流し、カラオケに行き、晩御飯(ラーメン)を食べ、その後私は旅館に泊まり、彼女は自分の家に帰り、翌日曜日には一緒に彼女の運転で公園へ行き、そして彼女が作った弁当を一緒に食べました。その日は別の用事があったみたいで、昼過ぎの14時頃に解散したと思います。

 

その後はなんとくLINEが続きましたが、お互いに決め手に欠け、というか何か先を期待させるようなことが互いになく、なんとなくLINEの連絡も途絶え、疎遠です。

 

こんな感じです。

 

私がお付き合いまで辿り着けなかったそのワケは

 

私の場合は、数名の方もお会いすることができましたが、お付き合いには至りませんでした。それは何故か。。

 

それは、私が結婚をまだしたくないと考えており、その考えのもと、20代後半以上の方とお付き合いするにあたり、その先に結婚の可能性がないのであればやはり相手の時間を無駄にしてしまうという思いがあり、私の方から積極的に行くことが憚られるのです。

 

そうなると、女性のほうが私にメロメロになって積極的になる以外のパターンでしか、先に進むような恋愛は望めませんが、先に述べた私の姿勢を勘付いていらっしゃるのか、或いは私に全くの魅力がなく、夕飯代を奢る消極的姿勢の変なおじさんくらいの感覚で、誘ってくれたら相手してあげるけどもどーでもいいと思っていらっしゃったのかもわかりません。

 

私は5人の女性と出逢って、もうこれ以上は堂々巡りだろうとわかり、『いいね』を沢山押す権利を有しながら、それを放棄(アプリを放置)しました。

 

 

私はまだ結婚しないと決めてます。

 

 

私は自分のやってみたいこと、興味のあることにひと通り取り組み、いくらか満足して、その後にやってくるであろうひとりでいる寂しさと、周りの環境から感じるプレッシャーが大きくなったその時が結婚の時期なのだと思い、それは5,6年後になるのではと考えています。それまでは、今はとにかく結婚は考えていないのです。

 

 

 

話が逸れました。

 

 

マッチングアプリではこのように出逢えますが、出逢うまでのプロセスにおける労力がかなり大きいです。マッチングするのも一苦労ですし、お食事ご一緒のアポを取るのも大変で、時間が掛かります。複数人同時進行で進めればまだ効率的ですが。。

 

時間的な効率を考えるなら、ナンパが1番かもしれませんね。成功率はかなり低いと思いますが、会って食事して相手を知るまでの期間がマッチングアプリと比べてあっという間です。。

 

 

 

www.jinseikokuhaku.com

 


  

www.jinseikokuhaku.com

 

さて、まとめましょうか。

 

 

まとめ

 

・マッチングアプリは出逢える!

・私のオススメはPairsよりもOmiai

・マッチングアプリで悪魔が囁く ご留意を

・私はまだ結婚を5,6年先で考えている

・マッチングアプリよりナンパの方が成功率は低いと思われるが、より短時間で互いを知れる

 

ちなみに、マッチングアプリは都市部における個人の匿名性が保たれるエリアのみ安心して使えるかと思い、それ以外は身バレとか、知り合いが登録していたとかもあり得るので適さないかもしれません。

 

 

以上です。

 

長いわ。!

 

読み終えました方、大変お疲れ様でした。

 

明日も頑張りましょう!沢山の出逢いを楽しみましょう。