我流的人生告白

退屈な人生を送らないために、私生活及び思考を記録します。

FX(外国為替証拠金取引)を始めます FXブロガー誕生

f:id:blogking1988:20180331111545j:plain

 

 

株の短期売買からFXに移行

 

最近私は、株式の短期売買を始めました。

 

しかし株の取引では結果がマイナスになっており、
しばらく取引を行わないことを決意しました。

 

 

その理由は、株は取引時間が限られていて、
サラリーマンは取引時間中に株価の値動きにあわせたタイムリーな注文や決済ができず、専業の人と比べて不利な状況にあるからです。

 

 

一方で、FXの場合は土日を除く24時間取引が行われているので、サラリーマンであっても仕事時間外に取り組めば、値動きに合わせて取引が可能です。

 

FXのメリット

 

FXの魅力は、インターネット環境とパソコンがあれば取引可能で、
以下のメリットがあります。

 

・時間に縛られず稼げる
・場所に縛られず稼げる
・稼ぐ金額及びリスクをコントロールできる

 

 

素晴らしい!!

 

こんなに条件の良い就職先は他にないだろうと確信してます。

 

現在私はFXについて学んでいます。関連書籍を沢山読み、情報収集しております。
そうした中で、FXトレーダーに転職したい気持ちが非常に強くなっています。

 

転職といっても、個人の専業トレーダーですね。

 

私のFXに対するモチベーション

 

ここで、
FXに対する私のモチベーションを語ります。

 

私は英語を勉強して、ある程度会話したり、読み書きできるようになりましたが、
FXに出会ってから、時間をかけてまず勉強すべきはFXだと思いました。

 

英語をマスターしたいのであれば、
FXの技術を覚えて、資金を増やし、資金を使って留学でも何でもやったらいいのです。
その方が効率が良いと思います。

 

FXで安定収入を得る技術が確立できたならば、
お金を得る為だけの仕事に費やす時間をなくすことができます。

 

つまり、資金だけでなく時間も手に入れることが出来るのです。

 

時間とお金を得ることが出来れば、
自分の成し遂げたいコトに全力で時間と資金を使うことが可能となり、
効率よく自分の目標を達成できるのではないでしょうか。

 

このように
FXで勝てる技術というのは、自分の人生に時間とお金をもたらす可能性のある技術なのです。

 

世の中にあるどんな資格よりも優先して取得すべき技術だと私は考えています。

 

FXで勝てる技術 = 一生お金を稼ぐことができる技術です。

 

私は(誰でもそうかもしれませんが)、職人になりたいという思いがありました?

 

人と何かをするのが得意でありません

 

そこには、必ず私の負けず嫌いが入るし、無理に相手に合わせる自分の性格もストレスを生みます

 

自分の面白いと感じることを自分ひとりでとことん突き詰めていきたい

これが職人気質というもの


場所や時間に大きな縛りのない、FXは自分で決めれる要素がたくさんあります。


売買のルールも自分で決めれます。1日の稼ぎも自分で設定できます。

 

もちろんFXには給与取得にはない、資金が減るというリスクも有りますが、
リスク管理を徹底すれば(できれば)、問題ありません。

 

現に、生計を立てている専業トレーダーの方もいらっしゃいますので、
専業としてやっていくことは不可能な話ではなく、可能性はあります。
そして、可能性に賭けて、挑戦してみることは誰にでもできます。

 

個人的には、為替相場の動きというものは非常に面白く、一生涯かけて研究する奥深さがあると感じています。


研究の結果が上手くいけば、得られるリターンも莫大なので、取り組むモチベーションも大きいです。

 

これだけ興味の湧く対象に出会えて私の人生幸せだと思いました。

 

久しぶりに大きく心がわくわくしている。

f:id:blogking1988:20180331112324j:plain

 

私は心配性で用心深く、用意周到で計画的、研究熱心、聡明であるため、
必ず成功すると自分を信じています。

 

と、

一刻も早くFXの勝つ技術を確立したいところですが、

 

しかし、現実は

仕事終えて帰宅してから、取引する余力はあまりないので、

ゴールデンウィーク期間の時間がたっぷりあるときに初めての取引を頑張ってみたいと思います。

 

また、ゴールデンウィークまでの期間は本を読んで徹底的にイメトレを重ねたいと思います。


※FXをヒトに勧めるために当記事を書いたのではありません。自分の気持ちを書いた記事です。しかし、FXはオススメです。誰しも挑戦の価値ありだと思っています。